Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
そこへ工事が捗らないことに腹を立てた近隣の磐氏(いわじ)」というケチな長者が怒鳴り込んで来た。
   「いつになったら淀川に橋が架かるのや、さっさと工事を進めんかい!」
 そこで、村の長たちは「人柱」の候補が決まらなくて悩ん安利呃人でいること話した。
   「そんなことなら、簡単じゃないか、おまはん達の誰か一人が名乗り出れば良い」
 磐氏はそう言ってのけたが、名乗り出る者は居なかった。
   「それでは仕方がないから、くじ引きで決めてはどうや?」
 人ひとりの命にかかわること、一同は黙りこんでしまった。
   「へん、意気地なしばかり揃いよって」
 磐氏は考え込んだが、妙案が浮かんだ。

   「この中から、継ぎの当たった袴(はかま)をはいているケチなヤツを選んで人柱にすればええ」
 磐氏はそう提案した。一同は互いを見回したが、継の当たった袴を履いている男は居なかった。

 その時、磐氏の後ろに居た男が声を上げた。
   「一人居たぞ」
 男は磐氏を指した。
   「継ぎのあたった袴をはいているケチなヤツは、磐氏だ」
 磐氏は即座に捕えられた。
   「待て、儂は工事が鈍いことに文句をつけに立ち寄っただけや」
 金を出し合って橋を架けようと決めても、大金持ちながら一文も出そ安利呃人とせずに、工事が捗らないことに文句をつける磐氏を面白く思っていない面々は、磐氏の提案を一も二もなく受け入れた。

 磐氏は、生きたまま橋杭と共に沈められたのであった。

 磐氏の妻はこれを嘆いて、
   「余計なことは、決して喋ってはいけない」
 そう娘を躾たのであった。

 娘は口数が少ない女に育った。やがて娘は嫁ぐが、度が過ぎるほどの無口であった為、離縁されて実家に戻される。婿に途中に、人の足音に驚いた雉が一声「ケーン」と鳴いてしまう。婿は護身用の弓矢を構え、雉を仕留める。妻(磐氏の娘)は、雉が憐れで、思わず泣いてしまう。 
   「なぜ泣く」
 婿が問うと、妻は父の話を語って聞かせた。
   「そうだったのか」
 男は妻が不憫になり、取って返して両親に妻が無口な訳を話した。許されて夫婦は末永く仲よく暮らす。
 テレビ通販で、鯨肉大和煮の缶詰が何十缶かまとめて「なんぼ」と、結構高価な値段で売られていた。昔人間は、鯨肉が好きだったから、鯨と聞けば少々高価でも飛びついて買うのだろう。

 だが、ちょっと待って欲しい。鯨肉ならば何でも好きだというのではない。猫爺などは、高級な鯨肉は食べられず、食べていたのは黒くて硬くて臭Amway呃人い、安い肉である。値段が安いので仕方なく食べていたのだ。

 鯨肉で旨かったのは、皮下脂肪の部分から脂を絞った後の白い部分とか、もっとも旨いのは、鹿の子(かのこ)と呼ばれる豚で言えば豚トロの部分だ。
2015/11/05(木) 22:35 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください